しろいぬ屋ブログ

The making atelier of original products where the “Westie” was made a motif

11月23日

本格的に寒くなってきましたね。

普段、おうちではだかんぼうのはちですが、背中の毛がまだまだ伸びきれずに寒そうだったので、セーターを着てのお散歩です。

迷子札も新しく作り替えました♪
dscf2714-1

退院からはもう6週間ですが、足の調子が悪いのかお尻が気持ち悪いのか、歩きが安定せずにお尻を引きずったり・・・
リードを引いている側としては心配になるやら歩きづらいやら(^^;
dscf2720-1

1人ではコントロールしづらいのと何かあった時のために、mamiと二人がかりのお散歩です。

先日、病院で肛門腺もしぼっていただいたので、気持ち悪いのはおしりではなさそうなのですが・・・だとしたら足?

ひきずってしまうと流血ものでまたお散歩もできなくなってしまいます。
そしてお散歩を休むと、運動不足になって足の筋肉がおとろえてしまいます。

リハビリを兼ねたお散歩ですから、なるべく休まないように続けることが大事なので、引きずりそうな時は一旦リードを引いて、歩くのをストップさせるように気をつけてます。

 

セーターといえば、もうずいぶんと昔の話なのですが・・・

6年前の冬に主のマフラーとおそろいで編んだセーター(編み目ガタガタですねぇ)・・・
dscf0246-1

色味のせいか着せてみるとちょっとおじいちゃんに見えてしまって、まだ6歳のはちには地味だったかな、もっと先で着せたらいいかなと思っていたのですが・・・

私が留守の間に、主が洗濯機に放り込んで洗ってしまいました。

その結果・・・

まるで圧縮フェルトのように分厚く、小さくなってしまったセーター。
半分、とまではいかないけど、2/3ぐらいになってしまいました。

笑えるくらい、ちゅん、と縮んだセーター。

裾と袖ぐりのふわふわの白い毛糸も抜けちゃったのかひょろひょろっとしか残ってなくて、背中の模様も全く見えず、着るものではなく敷物レベルのしっかりな硬さ具合です(^^:

おかしくて怒る気にもならなかったのですが、こうなってしまったらもう元には戻りません。

わずか2ヶ月ほどの命だった、かわいそうなセーター。
ぜったい着られないと分かっているのに処分できずにいる私。

↓ 比較画像です。もとは、同じくらいの大きさでした。
dscf2981-1

dscf2982-1

たしかに・・・(^^;

いいかげんに諦めて、今年こそは次のを編もうと思っております。

・・・思ってはいるのですが、いつになることやら・・・

ちなみに主のマフラーの方はといいますと、滅多に使わないのでまだ無事です。

 

ところで、こんなふうに丈が短いサイズのを着た時の表現って、どう言いますか?

ちんちくりん? いや、つんつるてん?

コメント

  • 可愛いセーターですね。
    迷子札、可愛いですね~

    お揃いとは・・・
    仲良しですね~^m^

    こちらではどちらも使いますかね~
    ちんちくりんの方が多いかな???

    by まっちゃん €2016年12月5日 4:27 PM

  • ☆まっちゃんさん

    主のマフラーと、はちのセーター・・・
    主が使ってもおかしくない色と思ったらチャコールグレーになっちゃって
    それは6歳の頃のはちには地味すぎたんですよ〜(^_^;
    結局2ヶ月足らず縮んで着られなくなってしまって、
    主とはち、おそろいで見たのは2回ぐらいでした。

    よかった〜どちらも使いますよね〜。
    私もどちらかというと、ちんちくりんの方がよく使います(^^)

    by mayu €2016年12月5日 5:58 PM

down

コメントする




おうちのこと

お気に入り

お買い物

しろいぬ屋の商品

はちの日記