しろいぬ屋ブログ

The making atelier of original products where the “Westie” was made a motif

はちの入院 3 手術

time 2016/11/19

はち、10月に入院しておりました。
まだ歩きは微妙ですが、少しずつ良くなってきましたのでちょっと前からさかのぼって記録としてアップしています。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

はちの入院 1はちの入院 2 の続きです。

10月6日

検査結果のデータはかかりつけの病院の先生のところに送られていたようで、検査の翌日の朝に院長先生から電話がありました。

↓ 10月6日、手術の日の午前中のはち

dscf1941-1

そして、お昼に病院に行き説明を受けて、その日に手術していただく事になりました。

椎間板ヘルニア ハンセン1型 グレード4

このままだと後ろ足は動かないままになってしまいます。

少しでも良くなる可能性があるならばと、手術をすることを選びました。

 

そして手術は無事に終わり、リハビリをかねての入院は1週間の予定。

*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。

その後、10月9日の面会では後ろ足で立つ事が出来ずどうなることかと心配しました。

ハァハァと呼吸が早く、前足を一生懸命立てて動こうとしますが、後ろ足はほとんど動かず診察台に横座りのように伸ばしたままです。

 

そして10月11日。四肢で立てるくらいに回復していました。

診察台の上に乗せられたはち、すぐにぴょんと飛びついてきました。
dscf1952-2

きっと、ここ最近は痛い思いばかりしているので診察台が怖いんですね(^_^;)

「ごはんもしっかり食べてますよ〜」ということで、とりあえず一安心。

家ではクレートに入る事はほとんどないのですが、病院ではそそくさと入って行くそうです。
院内ではその中が一番安全と思っているのでしょうね。

この日の面会はこれにて終了。

若くて可愛い女性スタッフさんに抱えられて、撤収〜。
はち、自分からぴょんと抱っこされて、笑顔で去って行きました。おいおい(^^;)
dscf1954-1
やっぱり、若いお姉さんが好きなんだな。

dscf1955-1
背中の毛は、手術のために18cm×25cmほど刈っていただいています。

5月もそうだった(耳血腫になって6月までトリミングに行けなくなった)のですが、9月に入ってそろそろかな・・・と思うと、また前足のケガで病院通いになってしまいシャンプー禁止に・・・

その後の椎間板ヘルニアも続き伸び放題になってしまっています。

ずっとシャンプーしてないので、すいぶんと汚れちゃったね。

 

術後の経過は、まずまずなよう。

先生のお話では、手術で症状が重いヘルニアの部分は取り除いたけれど、これはまだ入り口で、年齢的なこともあり回復には3ヶ月から半年かかるでしょうというお話でした。

他にも手術までは必要ないヘルニアの部分もあるため、段差などを飛び降りたりしないよう注意しなくてはいけません。

10月13日頃には退院できるのかな?

入院は1週間の予定でしたが、はちの場合、回復の兆しが見えるまで少々日数がかかったので4日延期となりました。

心配ではあるけれど、できるだけ良い状態になるまで病院で管理していただくのが一番ですよね。

われわれは退院の日を楽しみにあと数日待つのみです。

その間にリビングのタイルの床にも、まだ一部分しか敷いていなかったカーペットをはちが動く範囲に敷き詰めました。

タイルの床はフローリングのように滑る訳ではないのですが、転んだ時にケガをさせないためにも必要だと感じました。

さぁこれで準備万端 ♪             ・・・・本当にそうかな??

 

はちの入院4につづく

down

コメントする




おうちのこと

お気に入り

お買い物

はちの日記

九兵衛の日記